ZRANGE by index

<< ZREM ZCARD >>

member listを照会(少ないことから)

使い方は zrange key start stop です。
start stopは indexです。lrangeで使用するindexと同じ概念です。
scoreが少ないことから照会されます。scoreが同じだとmemberに比較します。
全体を照会するときは0 -1を使用します。

Example

コマンド>zadd myzip 2 "東京" 3 "横浜" 5 "大阪" 4 "名古屋" 6 "神戸" 1 "福岡"
結果>6
コマンド>zrange myzip 0 -1   scoreにsortされてみられる
結果> 0) 福岡
1) 東京
2) 横浜
3) 名古屋
4) 大阪
5) 神戸
コマンド>zrange myzip 0 -1 withscores   withscoresオプションを使用すると、scoreが表示される
結果> 0) 1 -> 福岡
1) 2 -> 東京
2) 3 -> 横浜
3) 4 -> 名古屋
4) 5 -> 大阪
5) 6 -> 神戸

アニメーション表示

redis-cliと異なる点

  • withscores オプションを使用したときredis-cliはvalueとscoreがそれぞれ異なるlineに表示されます。
    一方、 Redis Web Clientは上の結果のように一lineにscore -> valueの形態で表示されます。
  • lrange, zrange, zrevrange 同じ照会コマンドの結果最後に Total count -> numberが表示されます。


一部分だけを照会するとき

index(start、stop)で範囲を与えます。

Example

コマンド>zrange myzip 1 3 withscores    二番目から四回目まで照会
結果> 0) 2 -> 東京
1) 3 -> 横浜
2) 4 -> 名古屋
コマンド>zrange myzip 3 -1 withscores    四番目から 最後まで照会
結果> 0) 4 -> 名古屋
1) 5 -> 大阪
2) 6 -> 神戸


indexに、負数の使用可能

負数を使用すれば、最後のmemberが-1、その次のmemberが-2このように指定されます。
start<=stopの時照会されます。 stopに-1使用するときは例外です。

Example

コマンド>zrange myzip -3 -1 withscores
結果> 0) 4 -> 名古屋
1) 5 -> 大阪
2) 6 -> 神戸

アニメーション表示



scoreが同じだとmemberにsortなる

Example

コマンド>del myzip
結果>1
コマンド>zadd myzip   10 "東京"   10 "横浜"   10 "大阪"   10 "名古屋"   10 "神戸"
結果>5
コマンド>zrange myzip 0 -1 withscores
結果> 0) 10 -> 名古屋
1) 10 -> 大阪
2) 10 -> 東京
3) 10 -> 横浜
4) 10 -> 神戸


コマンド

ZRANGE key start stop [withscores]

  • このコマンドは、version 1.2.0 から使用することができます。
  • 論理的処理の所要時間はO(log(N)+M)です。 Nは集合のmemberの個数であり、Mはリターンするmemberの個数です。
関連コマンド ZREVRANGE, LRANGE,
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックしてRedis Web Client を実行してください。


<< ZREM ZRANGE ZCARD >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。