MIGRATE

<< RESTORE TOUCH >>

dataを他のRedis Serverに移す。

使い方は migrate host port key destination-db です。
keyとdataを指定したRedis Server(instance)でmoveします。
指定したServerに該当keyがすでにあればエラーを発生させて、移さないです。

Example

コマンド>set key value
結果>OK
コマンド>migrate 192.168.56.102 6379 key 0 1000
結果>OK
コマンド>exists key
結果>0
コマンド>set key XXXXX
結果>OK
コマンド>migrate 192.168.56.102 6379 key 0 1000
結果>(error) ERR Target instance replied with error: BUSYKEY Target key name already exists.
コマンド>get key   target Redis Serverに接続して確認  
結果>value

アニメーション表示

このコマンドは内部的にdump、restore、delコマンドを実行します。
copy、replaceオプションを使用しないとsource serverが3.0で、target serverが2.8であってもいいです。
しかし、この二つのオプションを使用するためにはsource、target serverすべて3.0以上でなければなりません。
copy、replaceオプションは3.0から使用可能です。


copy, replaceオプションの使用

使い方は migrate host port key destination-db copy replace です。
copyはsource serverで削除しません。
replace는 target serverに該当keyがあれば更新します。
copyとreplaceオプションを一緒に使用してもいいです。

Example

コマンド>migrate 192.168.56.102 6379 key 0 1000 copy
結果>OK
コマンド>exists key
結果>0
コマンド>set key YYYYY
結果>OK
コマンド>migrate 192.168.56.102 6379 key 0 1000 replace
結果>OK
コマンド>get key   target Redis Serverに接続して確認  
結果>YYYYY

アニメーション表示



クラスターでkeyの移動

クラスター環境でkey(データ)を他のマスターサーバーに移動するためには、先にスロットを移動予告してしなければなりません。   CLUSTER SETSLOT IMPORTING/MIGRATINGコマンドを実行してからMIGRATEコマンドにデータを移動した後、 CLUSTER SETSLOT NODEを使用して完了しなければなりません。
CLUSTER SETSLOTコマンドはここ実際の移動例題はクラスター設計をみてください。



コマンド

MIGRATE host port key destination-db timeout [COPY] [REPLACE]

  • このコマンドはversion 2.6.0から使用することができます。.
  • 論理的処理の所要時間:source serverでは内部的にdump+delが実行されて、target serverではrestoreが実行されます。
  • copy、replaceオプションは3.0から使用することができます。
関連コマンド DUMP, RESTORE
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Client を実行してください。


<< RESTORE MIGRATE TOUCH >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。