SRANDMEMBER

<< SPOP SSCAN >>

集合から無作為にmemberを照会

使い方は srandmember keyです。
SPOPは照会してデータを削除しますが、このコマンドは、照会のみします。

Example

コマンド>sadd myset A B C D
結果>4
コマンド>srandmember myset
結果>B
コマンド>srandmember myset
結果>C


countはバージョン2.6から使用可能

使い方は srandmember key count です。
countが正数の場合、memberを重複なしに照会します。
countが負数の場合、memberを重複して照会することもできます。
これは、ポケットからボールを引き出すのと喩えることができます。
例えば、countが2の場合は2つのボールを取り出すものですが、Aをまず取り出したらB、C、Dの中の一つを取り出します。
countが-2の場合は2つのボールを取り出すものですが、Aをまず取り取り出したら、Aを再びポケットに入れてA、B、C、Dの中の一つを取り出します。 したがって、A、Aを取り出す可能性もあります。

Example

コマンド>srandmember myset 2
結果>0) A
1) B
コマンド>srandmember myset -2
結果>0) A
1) A


memberよりcountが大きい場合

countが正数の場合、memberの個数だけに、照会します。
countが負数の場合、memberを重複してcountだけに、照会します。

Example

コマンド>srandmember myset 6
結果>0) A
1) B
2) C
3) D
コマンド>srandmember myset -6
結果>0) A
1) B
2) C
3) D
4) B
5) C


コマンド

SRANDMEMBER key [count]

  • このコマンドは、version 1.0.0 から使用することができます。
  • 論理的処理の所要時間はO(N)です。 Nはcountの数です。
  • countはバージョン2.6から使用可能です。
関連コマンド SPOP
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Client を実行してください。


<< SPOP SRANDMEMBER SSCAN >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。