HASHES Introduction

<< ZSCAN HSET >>

紹介

Fieldとvalueで構成

Hashesはkey一つに複数のfieldとvalueで構成されます。
key一つにfieldとvalueを40億個(4,294,967,295)まで保存可能です。

TableとHashの類似した点

Hashesがfieldとvalueで構成されるということでRDBのtableと似ています。
Hash keyはtableのPK、fieldはcolumn、valueはvalueで見てもいいです。
KeyがPKと同じ役割をするので、key一つはtableのrow一つと同じです。
イメージで表示

TableとHashの異なること

Tableのcolumn数は、一般的に制限がありますが、Hashのfield数は40億個にほとんど無制限に近いです。
Tableでcolumnを追加するためにはalterの文章で予めtableを変更しなければなりませんが、Hashでは、そのような事前作業が必要ありません。 したがってfieldの追加/削除は自由です。 Fieldの追加/削除は、当該keyにのみ影響を与えます。

コマンドの要約

  • 保存:HSET、HMSET、HSETNX
  • 照会:HGET、HMGET、HLEN、HKEYS、HVALS、HGETALL、HSTRLEN、HSCAN
  • 削除:HDEL
  • 増加/減少:HINCRBY、HINCRBYFLOAT
  • 確認: HEXISTS


Hashesコマンドリスト

CommandsVersionSyntaxDescription
HSET2.0.0key field valueFieldとvalueを保存
HDEL2.0.0key field [field ...]Fieldでvalueを削除
HGET2.0.0key fieldFieldでvalueを照会
HLEN2.0.0keyField個数照会
HMSET2.0.0key field value [field value ...]複数のfieldとvalueを保存
HMGET2.0.0key field [field ...]複数のvalueを照会
HKEYS2.0.0keyKeyに属するすべてのfield nameを照会
HVALS2.0.0keyKeyに属するすべてのvalueを照会
HGETALL2.0.0keyKeyに属するすべてのfieldとvalueを照会
HSTRLEN3.2.0key fieldvalueの長さ(byte)を照会
HINCRBY2.0.0key field incrementvalueをincrementほど増加または減少
HINCRBYFLOAT2.6.0key field increment_floatvalueをincrement_floatほど増加または減少
HEXISTS2.0.0key fieldFieldがあるかを確認
HSETNX2.0.0key field valueFieldが従来にないば、保存
HSCAN2.8.0key cursor [MATCH pattern]
[COUNT count]
Field, memberを一定単位数分照会

Total : 15


コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Clientを実行してください。


<< ZSCAN HASHES Introduction HSET >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。