RESTORE

<< DUMP MIGRATE >>

dataを restore

簡単な使い方は RESTORE key 0 "serialized value" です。
"serialized value"は DUMP コマンドで得た値です。
key次にmillisecondでexpire timeを入力することができます。 0はexpire timeを指定しないのです。
REPLACE optionは既存にkeyがあれば更新します。

Example

コマンド>set key a
結果>OK
コマンド>dump key
結果>"\x00\x01a\x06\x00)\x13\x87\x1bzcA'"
コマンド>del key
結果>1
コマンド>restore key 0 "\x00\x01a\x06\x00)\x13\x87\x1bzcA'"
結果>OK
コマンド>get key
結果>a


コマンド

RESTORE key ttl serialized-value [REPLACE]

  • このコマンドはversion 2.6.0から使用することができます。
  • 論理的処理の所要時間はO(1)です。
関連コマンド DUMP, MIGRATE
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックしてRedis Web Client を実行してください。


<< DUMP RESTORE MIGRATE >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。