LPUSH

<< LISTS RPOP >>

左からリストの右側に、データを保存

使い方は lpush key valueです。
リターン値はリストに含まれた値の数です。

Example

結果1) value3
2) value2
3) value1
コマンド>lpush mylist value1
結果>1
コマンド>lpush mylist value2
結果>2
コマンド>lrange mylist 0 -1   keyに保存されたデータを照会する
結果>0) value2
1) value1
コマンド>lpush mylist value3 value4   valueを複数指定することができる
結果>4
コマンド>lrange mylist 0 -1

アニメーション表示



コマンド

LPUSH key value [value ...]

  • このコマンドは、version 1.0.0 から使用することができます。
  • 論理的処理の所要時間はO(1)です。

コマンド更新履歴

バージョン2.4からvalueを複数指定できるようになりました。

関連コマンド LPOP, RPUSH, RPOP
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Client を実行してください。


<< LISTS LPUSH RPOP >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数:

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。