SUNIONSTORE

<< SDIFF SINTERSTORE >>

和集合を求めて新しい集合に保存

使い方は sunionstore destination_key source_key1 source_key2です。
動作方式はSUNIONと同じです。 結果の集合を指定したdestination_keyに保存するものが追加されたものです。
myset1 = { A, B, C }
myset2 = { B, C, D }
SUNIONSTORE dest_key myset1 myset2 = { A, B, C, D }

Example

コマンド>sadd myset1 A B C
結果>3
コマンド>sadd myset2 B C D
結果>3
コマンド>sunionstore dest_key myset1 myset2
結果>4
コマンド>smembers dest_key
結果> 1) A
2) B
3) C
4) D

アニメーション表示



三つの集合の和集合を求めて保存

使い方は sunionstore dest_key key1 key2 key3 です。
myset1 = { A, B, C }
myset2 = { B, C, D }
myset3 = { C, E, F }
SUNIONSTORE dest_key myset1 myset2 myset3 = { A, B, C, D, E, F }

source keyの個数には制限がありません。
destination keyが既に存在する場合、前にいた内容は削除され、新しい集合が保存されます。

Example

コマンド>sadd myset3 C E F
結果>3
コマンド>sunionstore dest_key myset1 myset2 myset3
結果>6
コマンド>smembers dest_key
結果> 1) A
2) B
3) C
4) D
5) E
6) F


source keyをdesctination keyに指定可能

SUNIONSTORE myset1 myset1 myset2 myset3
myset1に入力されていた内容は削除され、結果がmyset1に入力されます。

Example

コマンド>sunionstore myset1 myset1 myset2 myset3
結果>6
コマンド>smembers myset1
結果> 1) A
2) B
3) C
4) D
5) E
6) F


コマンド

SUNIONSTORE destination_key source_key [source_key ...]

  • このコマンドは、version 1.0.0 から使用することができます。
  • 論理的処理の所要時間はO(N)です。Nは指定した集合たちのtotal member数です。
関連コマンド SINTERSTORE, SDIFFSTORE
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Clientを実行してください。


<< SDIFF SUNIONSTORE SINTERSTORE >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。