Commands Introduction

<< Redis Introduction STRINGS Introduction>>

5 Data Types

Strings
key
value
Lists
key
value1, value2, ...
Sets
key
value1, value2, ...
Sorted Sets
key
value1, value2, ...
Hashes
key
value1, value2, ...

Redisは5つのData Typeがあります。 これをStringと残りで区別することができます。
Stringはkeyとvalueが一対一の関係で、残りは一対多の関係です。



Strings

Stringに代表的なコマンド2つを紹介します。
SETはデータ(値)を保存する代表的なコマンドであり、INCRは、値を1ずつ増加させるコマンドです。
"incr"ボタンを繰り返してクリックすれば、数字が増加するのを見ることができます。



Lists

Listはデータを順次的に保存/処理するのに使用されます。 リストはデータ(値)の重複を許可します。
Sets、Sorted Setsはデータの重複を許していません。
LPUSHコマンドはリストにデータを保存するために使用します。 初めて保存したデータがリストの一番右にいて、最後に保存したデータがリストの一番左にあります。
RPOPコマンドはリストの右側からデータを一つずつ取り出します。



Sets

Setはメンバー(データ)の重複を許可しません。 'A'を二度入力しても一つだけ残ります。
Setは、このような集合の性格を持つデータに使用します。
SADDはmember保存コマンドです。



Sets intersection

A
B
C
B
C
D
mylist1
mylist2

Setsは集合演算を提供します。 和集合(Union)、積集合(Intersection)、差集合(Difference)をすることができます。
ここでは代表的に積集合を見せてくれます。



Sorted Sets

Sorted Setsはscoreでmemberの順序を整列します。 Setsのようにmemberの重複を許可しません。
整列されたデータが必要な場合、Sorted Setを使用します。



Sorted Sets union

1
A
2
B
3
C
zip1
4
B
5
C
6
D
zip2

和集合と積集合演算をすることができるし、scoreを利用した演算が提供されます。



Hashes

Hashはvalueを名前で区分できるようにfield nameが提供されます。
RDBのテーブルと類似していると見ることができます。
HSETはHashの代表的な保存コマンドです。
HINCRBYは、指定した数字分増加します。


ここRedis Web ClientでRedisコマンドを実習することができます。


<< Redis Introduction Commands Introduction STRINGS Introduction >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。