LISTS Introduction

<< BITPOS LPUSH >>

紹介

Listsはkeyとvalueが一対多の関係です。
valueは、入力された順に保存されます。
Listsは主にキュー(Queue)とスタック(Stack)として使用されます。
キュー(Queue)は入ってくるデータを順に処理する時に使用します。
スタック(Stack)はウェブブラウザのバックボタンのように主に戻る時に使用します。

キー(リスト)の生成と削除

valueが保存されると、キー(リスト)は生成されます。 キーにvalueが一つもなければキーは削除されます。
つまり、キー(リスト)の生成と削除のための別途の作業は必要ありません。

コマンドの要約

  • 保存:LPUSH、RPUSH、LINSERT、LPUSHX、RPUSHX
  • 取り出す:LPOP、RPOP、BLPOP、BRPOP
  • 取り出す+保存:RPOPLPUSH、BRPOPLPUSH
  • 照会:LRANGE、LINDEX、LLEN
  • 更新:LSET
  • 削除: LREM, LTRIM


Lists コマンドリスト

CommandsVersionSyntaxDescription
LPUSH1.0.0key value [value ...]左からリストの右側にデータを保存
RPOP1.0.0keyリスト右からデータを取り出してきて、リストでは削除
LPOP1.0.0keyリスト左からデータを取り出してきて、リストでは削除
RPUSH1.0.0key value [value ...]右からリストの左にデータを保存
LRANGE1.0.0key start stopインデックスに範囲を指定してリスト照会
LLEN1.0.0keyリストからデータの総数を照会
LINDEX1.0.0key indexインデックスで特定の位置のデータを照会
LSET1.0.0key index valueインデックスで特定の位置の値を変更
LINSERT2.2.0key BEFORE|AFTER pivot value指定した値の前/後に新しい値を保存
LREM1.0.0key count value値を指定して削除
LTRIM1.0.0key start stopインデックスで指定した範囲外の値を削除
RPOPLPUSH1.2.0key src_key dest_keyRPOP + LPUSH
LPUSHX2.2.0key value従来にリストがある場合に限ってLPUSH実行
RPUSHX2.2.0key value従来にリストがある場合に限ってRPUSH実行
BLPOP2.0.0key [key ...] timeoutリストに値がない場合、指定した時間ほど待って, 値が入ってくるとLPOP実行
BRPOP2.0.0key [key ...] timeoutリストに値がない場合、指定した時間ほど待って, 値が入ってくるとRPOP実行
BRPOPLPUSH2.2.0src_key dest_key timeoutリストに値がない場合、指定した時間ほど待って, 値が入ってくるとRPOPLPUSH実行

Total : 17


Redis Internal : LIST 内部データ構造



コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Client を実行してください。


<< BITPOS LISTS Introduction LPUSH >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。