SORT

<< SCAN SORT hash >>

Dataをsortして照会

簡単な使い方は sort keyです。
ここでkeyに使えるdata typeはlist、set、sorted setです。
data(member)をsortして見られなかったsetにdataを入れてsortしてみましょう。

Example

コマンド>sadd myurl Google.com Facebook.com Youtube.com Yahoo.com Baidu.com
結果>5
コマンド>sort myurl alpha   sortする対象が数字がない場合、alpha使用  
結果> 0) Baidu.com
1) Facebook.com
2) Google.com
3) Yahoo.com
4) Youtube.com
コマンド>sort myurl alpha desc  逆順でsortする場合、desc使用 
結果> 0) Youtube.com
1) Yahoo.com
2) Google.com
3) Facebook.com
4) Baidu.com


limitオプションの使用

limit offset count

Example

コマンド>sort myurl alpha limit 0 3
結果> 0) Baidu.com
1) Facebook.com
2) Google.com
コマンド>sort myurl alpha limit 3 10
結果> 0) Yahoo.com
1) Youtube.com


getオプションの使用

他のkeyのvalueを照会する場合、get使用
例えば、myurlのGoogle.comとrank-Google.comを比較してrank-Google.comのvalueを照会する場合、get rank-*を使用します。
関係型データーベースのjoinに考えるといいです。
準備dataでweb siteの順位を入力

Example

コマンド>mset rank-Google.com 1 rank-Facebook.com 2 rank-Youtube.com 3 rank-Yahoo.com 4 rank-Baidu.com 5
結果>OK
コマンド>sort myurl get rank-* alpha
結果> 0) 5
1) 2
2) 1
3) 4
4) 3

アニメーション表示



get # オプションの使用

sortする自信を見せてくれる場合にはgetの特別な用法get#を使用します。

Example

コマンド>sort myurl get # get rank-* alpha
結果> 0) Baidu.com
1) 5
2) Facebook.com
3) 2
4) Google.com
5) 1
6) Yahoo.com
7) 4
8) Youtube.com
9) 3

アニメーション表示



by オプションの使用

指定したkeyのvalueにsortします。
rank-**のvalueでsortします。

Example

コマンド>sort myurl by rank-* get # get rank-* alpha
結果> 0) Google.com
1) 1
2) Facebook.com
3) 2
4) Youtube.com
5) 3
6) Yahoo.com
7) 4
8) Baidu.com
9) 5

アニメーション表示



2つ以上のfieldの照会

getを利用して2つ以上のfieldを照会してみましょう。
準備dataでDaily Pageviews per Visitorを入力しましょう。

Example

コマンド>mset pv-Google.com 19.60 pv-Facebook.com 11.62 pv-Youtube.com 4.58
pv-Yahoo.com 7.44 pv-Baidu.com 8.87
結果>OK
コマンド>sort myurl by pv-* get # get pv-* get rank-* desc
結果> 0) Google.com
1) 19.60
2) 1
3) Facebook.com
4) 11.62
5) 2
6) Baidu.com
7) 8.87
8) 5
9) Yahoo.com
10) 7.44
11) 4
12) Youtube.com
13) 4.58
14) 3




コマンド

SORT key [BY pattern] [LIMIT offset count] [GET pattern [GET pattern ...]] [ASC|DESC] [ALPHA] [STORE destination]

  • このコマンドはversion 1.0.0から使用することができます。
  • 論理的処理の所要時間はO(N+M*log(M))です。
関連コマンド SCAN
Clients for Java Jedis, Lettuce, Redisson
Clients for C Hiredis

コマンドを実習してみたければ、ここをクリックして Redis Web Client を実行してください。


<< SCAN SORT SORT hash >>

質問したり、レスを見るためには、クリックしてください。  コメント :    クリック件数 :

Email 返事がかかってなれば、メールでお知らせします。